少額訴訟と支払督促とは

似たような言葉ですが違う意味の言葉に、「少額訴訟」と「支払督促」があります。これはどちらも、債権者が債務者に対して請求する権利とされています。

 

少額訴訟とはその名の通りで、金銭的請求で金額の少ない・小さいケースの訴訟です。60万円以下の債権については、この少額訴訟で争うことになります。少額訴訟のメリットとしては、原則的に一日期日の審理ですので、債務者からの控訴も認められず、またこれによって審理の長期化が避けられることです。デメリットとしては、相手側が少額訴訟を拒否し、通常訴訟で争う旨を行ってきた場合、少額訴訟を争えない点です。

 

対して、支払督促とは金額は限定されていません。こちらのメリットは、期間も手続きも簡素で、証拠も出頭も不要ですし書面だけで解決してしまう点です。迅速な手続きが可能になります。デメリットは、申し立てに異議があった場合は通常裁判になってしまい、余計に審理しなければならない点です。

 

どちらも弁護士いらずでできる制度ですが、利用する場合にはよく知識をつけてから実施しましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*