借金で一家崩壊することもある

nayami

友人の父親はいわゆる中小企業の社長ですが、会社の資金繰りが上手くいかず銀行からお金を借り入れ出来ないので、融資をしてくれるヤミ金融でお金を借りることが多いようです。

息子も仕事を手伝っているのですが、親父の代わりにヤミ金でお金を借りることが増えているようで、何故そんなところで借金するのか聞くと、もうヤミ金で借りるか、事業をやめて会社をつぶすか、どちらかしか方法がないというのが理由だそうです。

ただし法外な金利の高さですから、毎週金利だけでも10万円ほど支払い続けているということで、元金が全然減らず、ビジネスがとても上手くいかないと返せない状態になっているとの事で、母親もおところ逃げてしまい息子が必死で親父を励ましながら借金を返し、仕事を懸命に頑張っているという事でした。

借金がそれほど膨らむと、もう返済のことしか考えられず、まともに仕事に集中出来ないという状態になるそうです。

今まで資金がショートしたときでも消費者金融で上手く借り入れ出来たのが、銀行も消費者金融も貸し渋りで、結局中小の貸金業者も貸してくれなくなったそうで、これは法改正があった為もあり、消費者金融は貸したくても貸せない状況になっていると言います。

そのおかげで親父さんはヤミ金融からの資金借り入れを続けているそうですが、もう直ぐにでも会社が倒産する可能性が高く、そうなると債務整理して借金を整理する必要があるそうです。

彼の場合個人再生って言うのが最も合っている債務整理の方法かも知れません。