個人再生の費用も無い場合はどうする?

kozinsaisei-hiyou-nai

借金まみれで本当に行き詰まっていたらなりふり構わずお金を稼ぐか、借金を新たにして返済するしか道が無いというのが現実で、出来るんだったらもちろんなりふり構わずお金を稼ぐ方がイイ。

だけど、本当に稼げない、収入を上げることが出来ないなら、個人再生なり任意整理なり、自己破産等も検討すべきで、借りに収入を上げることが出来ても、その収入が入ってくるタイミングに支払いが間に合わなければ黒字倒産ということになる厳しい現実がある。

個人事業主に多いのがそういった資金繰りの大変さと、事業のためだから必要になるお金の金額の大きさが大きくて、直ぐに借り入れしたいと持ってもナカナカ借りれないという事情があって、少しでも資金繰りに困ると直ぐに破産してしまい、個人事業主は大きな金額を債務整理出来る個人再生か自己破産するケースが多いんです。

でも、借金の金額が高額で支払えないのに、個人再生の費用を弁護士に50万円も支払う場合が結構有り、個人再生の手数料を含めた弁護士費用が支払えないという笑えないケースも少なく無いんです。

小規模個人再生の手続きは再生計画案が大事だって事ですが、手続きにあたっては分割予納金とを裁判所の用意する口座に積み立てる必要があって、再生委員を選ぶ場合は個人再生の申し立てした人が再生委員会に払うための費用としてその分割予納金を使うという流れになります。

個人再生費用についても詳しい説明がありますが、実際司法書士の方が弁護士よりも個人再生に掛かる費用が安くなるとは言え、30万円ほどの費用がかかり、自分で全て手続きをしたとしても実際手数料で30万円弱は掛かるので、個人で費用も手間も掛けるより、専門家に任せる方が費用面でも変わらないという特徴がありますね。

なにより個人再生委員に支払う費用が高いので、安くしたいと個人でやっても司法書士とか弁護士の費用とあまり変わらないという場合もあります。

個人民事再生の手続きには、小規模個人再生と給与所得者等民事再生とあって、それぞれの条件も法律で分けられている事など結構注意が必要です。

個人再生費用ナビは私も債務整理を勉強するのに何度も見たサイトなので本当にオススメで、個人再生の費用以外にも手続きの流れや失敗例、住宅ローンのみ個人再生できる特約がある等、かなり詳しい説明がありがたく勉強になりました。

これから個人再生したいと考えている方にも弁護士に支払う個人再生の費用も分割で後払いが出来るなどの詳細情報も載っているので、個人再生費用ナビは絶対に見ておくべきサイトだと思いますし、それ以外にも専門家に無料相談なりなんなりとして、基礎的な知識を以て裁判に挑むべきだと思います。

個人再生の費用が無くても、後払いで分割払いが出来ればそれほど問題無く個人再生を終わらせることができると思います。

個人再生は長いと1年ほどもかかる事があるので、仕事とも並行して取り組むべき問題ですし、個人再生したからといって借金がチャラになるのではなく、3年ほどかけて完済する必要があるので、そういった支払いを滞らせないためにもがむしゃらに働いて支払い続けないとイケませんね。

破産しそうでヤバいって人は、自己破産や任意整理と個人再生の違いを理解したり、報酬金や再生手続きの詳細なども勉強し、再生手続き開始までに申立人として弁護士事務所に法律相談に行っておくべきって事ですね。